ジョーカー・ゲーム

デジタル大辞泉プラスの解説

ジョーカー・ゲーム

柳広司の短編ミステリー、および同作を表題とする短編小説集。小説集は2008年に刊行同年の第6回本屋大賞にて3位入賞。2009年、第30回吉川英治文学新人賞受賞。

ジョーカー・ゲーム

日本のテレビアニメ。柳広司によるスパイ小説シリーズを原作とする。放映はアニメシアターX、TOKYO MXほか(2016年4月~6月)。制作:プロダクションI.G。声の出演:堀内賢雄、関智一、利根健太朗ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵の解説

ジョーカー・ゲーム

三重県出身の小説家、柳広司による戦時下のスパイを題材にした日本のミステリー小説、及びそれを第1作としたシリーズ小説の総称。または、小説を原作としたマンガ、テレビアニメ、映画作品を指す。第2次世界大戦前の昭和12(1937)年秋、元スパイで「魔王」の異名を持つ帝国陸軍の結城中佐によって設立されたスパイ養成組織「D機関」で訓練を受けたスパイたちが、敵はもちろん味方までをも欺きながら東京、上海、ロンドンと世界各地で暗躍する姿を描いた群像劇である。
小説は短編の連作で、夏目漱石など実在の人物を主人公にしたミステリーで知られていた柳が、昭和初期の日本に実在したスパイ養成機関、陸軍中野学校をヒントに創作した。第1作『ジョーカー・ゲーム』は、エンターテインメント小説誌「小説 野生時代」(角川書店)の2007年11月号で発表された。08年に同作や書き下ろし作品を含めた短編小説集『ジョーカー・ゲーム』(角川書店)が発行され、09年に第62回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、第30回吉川英治文学新人賞を受賞したほか、第6回本屋大賞で3位に選ばれた。続編として、09年『ダブル・ジョーカー』、12年『パラダイス・ロスト』、15年『ラスト・ワルツ』がいずれも角川書店から刊行され、累計120万部を突破した。
マンガ版は、09~10年にマンガ家の霜月かよ子が作画を担当した『Dの魔王~ジョーカー・ゲーム~』の単行本全3巻と、15年に映画版を元にした『ジョーカー・ゲーム』が、いずれも小学館から発売された。他に、マンガ雑誌「月刊コミックガーデン」(マッグガーデン)の16年3月号から、マンガ家兼イラストレーターの仁藤すばるがアニメ版を元に描いた『ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION』が連載されている。
テレビアニメは、16年4月からTOKYO MX系列などで放送を開始した。15年公開の映画「攻殻機動隊 新劇場版」などを手掛けた野村和也が監督を、「僕だけがいない街」などで知られる岸本卓がシリーズ構成・脚本を、マンガ家兼イラストレーターの三輪士郎がキャラクター原案を担当し、「攻殻機動隊」シリーズに携わったProduction I.Gが制作する。これまでに刊行された小説版4作に収録されている短編を順不同で放送する。
映画は15年、小説版のエピソードを元に物語を再構成した、入江悠監督による「ジョーカー・ゲーム」が公開された。人気男性アイドルグループ、KAT-TUNの亀梨和也が新米スパイ役で主演、ヒロイン役を深田恭子、結城中佐役を伊勢谷友介が務めた。

(南 文枝 ライター/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android