コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキャンライン すきやんらいん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スキャンライン

3Dグラフィックのレンダリング技法のひとつ。本来の意味はディスプレイの走査線のこと。レンダリングでは画像の横1列(スキャンライン)に奥行きを与えた平面とオブジェクトとの交差する座標を計算し、視点からの距離が近いものを優先して表示する技法を意味する。レイトレーシングに比較して格段に速い時間で計算でき、フォンシェーディングなどを併用すると高品質な画像ができ上がる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

スキャンラインの関連キーワードElectricImage 3DSculpt 3Dスキャンライン法スクリーン線数陰面消去

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スキャンラインの関連情報