コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペアミント油

世界大百科事典内のスペアミント油の言及

【スペアミント】より

…全草に0.2~0.5%の精油を含む。花つきの地上部を水蒸気蒸留して得られる精油がスペアミント油(ミドリハッカ油)である。ニホンハッカやセイヨウハッカの精油と異なり,メントールを含まず,l‐カルボン55%を含む。…

【ハッカ油(薄荷油)】より

…西洋種であるペパーミント(セイヨウハッカ)の精油はペパーミント油と呼ばれ,メントール成分が50~60%と少なく,ハッカ脳を採取せず,取卸油(収率0.3~1%)自体をハッカ油としているが,芳香に富み良質である。北アメリカ,ヨーロッパに産するスペアミント(ミドリハッカ)から採取されるスペアミント油の主成分は,l‐カルボン(55%)であって,メントールは含まない。また,スペイン,北アメリカに産するペニローヤルミントを原料とするペニローヤル油は,d‐プレゴン(85~90%)を主成分とするのが特徴である。…

※「スペアミント油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android