コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セノテヅルモヅル Astrocladus coniferus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セノテヅルモヅル
Astrocladus coniferus

棘皮動物門クモヒトデ綱革クモヒトデ目テヅルモヅル科。盤の直径1~5cm,腕長 25cm。腕は5本で,それぞれが 20回以上分岐し,複雑に入組んでいる。本州中部以南の海底の岩礁に分布する。 (→クモヒトデ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のセノテヅルモヅルの言及

【テヅルモヅル】より

…水深50~800mの間の海底にすむ。オキノテヅルモヅルGorgonocephalus eucnemis,サメハダテヅルモヅルAstroboa arctos,セノテヅルモヅルAstrocladus coniferus,イボテヅルモヅルなどがある。【今島 実】。…

※「セノテヅルモヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

セノテヅルモヅルの関連キーワード手蔓藻蔓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android