コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーシャルハッキング そーしゃるはっきんぐsocial hacking

3件 の用語解説(ソーシャルハッキングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ソーシャルハッキング

ユーザーIDやパスワード盗み出すのに、技術的な手段を利用せず、直接本人の口から聞き出す、タイプ内容を盗み見る、書類やメモを入手する、といった手段を利用する行為。盗み見た上司のパスワードを使って情報を盗む組織内犯罪や、掃除夫などを装ってオフィスに侵入する手口等がある。システム管理者の技術的な対応では防ぐことが困難であり、個人個人にセキュリティー意識を徹底させることが重要である。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ソーシャルハッキング【social hacking】

「ソーシャルエンジニアリング」の別称。⇒ソーシャルエンジニアリング

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone