コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブ区切り タブクギリ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タブ区切り

表計算ソフトやデータベースなどで作成したデータを、ほかのアプリケーションで利用したいときに、項目と項目の間にタブ文字を入れたテキストとして出力する形式。カンマ(,)で区切ったCSV形式とともに、よく使われる。テキスト形式のため、ワープロ・ソフトなどさまざまなアプリケーションで扱える。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

タブ区切り

データの各項目をタブ記号で区切ったテキストファイルで保存するファイル形式です。主要な表計算ソフトやデータベース・ソフトが対応しています。もとのデータにカンマ(,)が含まれている場合、カンマ区切りよりもデータの移行が楽です。別のソフトにデータを移すとき、エクセル形式などが選べなければこの形式で保存しましょう。
⇨カンマ区切り、互換性、タブ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

タブ区切りの関連キーワードセパレーターデリミター

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android