コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャゴス[諸島] チャゴス

百科事典マイペディアの解説

チャゴス[諸島]【チャゴス】

インド洋上,モルディブ南方のサンゴ礁の諸島。もとモーリシャスの属領,1965年英領セーシェルに属し,現在は英領インド洋植民地(52km2)をなす。主島ディエゴ・ガルシア。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャゴス[諸島]【Chagos Archipelago】

インド洋のほぼ中央,南緯5゜~8゜,東経71゜~72゜に散在する小島群。総面積52km2。最大の島はディエゴ・ガルシア島。インド半島西方海域から真南にのびてくるラカディーブ・チャゴス海嶺上に生じたサンゴ礁群で,いずれも低平な土地のため流水を欠き,飲料水天水に頼っている。年中静穏な気候であるが,12~2月には熱帯性低気圧の発生地となる。人口は約1000人で,アフリカから移住してきた黒人系の人々が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android