諸島(読み)しょとう

精選版 日本国語大辞典 「諸島」の意味・読み・例文・類語

しょ‐とう ‥タウ【諸島】

〘名〙 多くのいろいろの島。また、地理学で、ある区域内に散在している島々をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉六「其開化は近傍の諸島に比して最も速なるものと称せり」 〔方干‐李侍御上虞別業詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「諸島」の意味・読み・例文・類語

しょ‐とう〔‐タウ〕【諸島】

多くの島。また、一定の範囲内に散在している多くの島々。「伊豆諸島
[類語]群島列島アイランド島嶼とうしょ全島島影孤島離れ島離島無人島浮き島島島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「諸島」の解説

諸島(もろしま)

山口県大島郡周防大島町、屋代島の東、諸島水道にある無人島。ミルガ瀬戸を挟み西側に情島がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の諸島の言及

【島】より

… 島の集団を総称して〈島群〉という。島群の中には諸島,群島,列島などがある。一般に分布面積の大きい群島を〈諸島〉,小さい島群を〈群島〉といい,島の配置が列状をなす島群を〈列島〉という。…

※「諸島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android