チューハイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チューハイ

戦後間もないころ米進駐軍が飲んでいたハイボール(ウイスキーやジンなどの炭酸割り)がルーツという。これにヒントを得た東京下町の大衆酒場の経営者らが1950年代、安価な甲類焼酎を炭酸と果汁エキスで割る「焼酎ハイボール」を広める。略して「チューハイ」。クセがあり、悪酔いするというイメージが強かったが、77年に日本で初めて無味無臭の甲類焼酎が発売され、80年代のブームにつながる。

(2013-06-20 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チューハイの関連情報