コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠海 シュカイ

4件 の用語解説(珠海の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐かい【珠海】

中国広東省南部の市。経済特別区の一。珠江河口部に位置し、マカオに隣接する。チューハイ。ジュハイ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

珠海【しゅかい】

中国,広東省南部の重要港湾都市。珠江河口西岸に位置し,マカオに隣接する。1979年珠海県を市に改組,1980年経済特区に指定された。市域は大陸側と沿岸の112の島々からなる。
→関連項目深【せん】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅかい【珠海 Zhūhǎi】

中国,広東省南部の港湾都市で,マカオに隣接した大陸側にある。深圳と同様,1979年7月に外資導入のために作られた経済特区。特区が15.2km2,他に2県あり,珠海市の総面積は1583km2である。大阪府より若干小さい行政区である。深圳と比較して不利な点が三つある。第1は,深圳は香港と広州との間に鉄道があり,これを利用できるが,珠海には鉄道がない。第2は,香港港は天然の良港であり,世界一を誇る埠頭が作られているのに対し,珠海は珠江が運ぶ泥沙が沿海に堆積し大きな港を作れない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珠海
しゅかい / チューハイ

中国、広東(カントン)省南部の省直轄市。中国の5経済特区の一つが置かれる。省中央部の珠江(しゅこう/チューチヤン)デルタ南端に位置し、中心部の香州(こうしゅう/シャンジョウ)区のほか斗門(とうもん/トウメン)県を管轄する。1953年中山(ちゅうざん/チョンシャン)県などの一部を割いて珠海県が置かれ、79年省直轄市となり、80年マカオに隣接する半月形の臨海地域が経済特区に指定された。市域にはデルタ部の陸地のほか、沖合いの147島が含まれ、陸地面積は1630平方キロメートル、海面を含めると7555平方キロメートルに達する。人口73万9009(2000)。
 農業は水稲、サトウキビを主とし、ジュート、ラッカセイ、タバコ、バナナ、レイシ(ライチ)、野菜類を産し、沖合いの万山(ばんざん/ワンシャン)漁場は本省最大の好漁場で、沿岸の多数の漁村から水産物の移出が多い。特区指定以来、電子、建材、紡織、食品などの輸出向け企業が立地しているが、深(しんせん/シェンチェン)に比べると立ち後れていることは否めない。ただ建設用資材としての土石類が香港(ホンコン)、マカオに輸送され、また沖合いの海底には豊富な天然ガスの産出がみられる。交通面では高速道路が虎門(こもん/フーメン)経由で広州(こうしゅう/コワンチョウ)と深に通じており、広州とは空路も通じる。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珠海の関連キーワード九竜ジッダ天川煙台深圳グディニア蘇素ピレエウス中国民俗文化村マカオ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

珠海の関連情報