コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティッシュエンジニアリング ティッシュエンジニアリングtissue engineering

2件 の用語解説(ティッシュエンジニアリングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ティッシュ‐エンジニアリング(tissue engineering)

生きた細胞を用いて、生体機能を備えた組織や臓器を人工的に作り出す技術。組織工学細胞組織工学生体組織工学

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ティッシュエンジニアリング

生きた細胞を使い、本来の機能をできるだけ保持した組織・臓器を人工的に作り出す技術。1993年に米国の研究者によって提唱された概念で、日本では再生医療を実現する手段として認識されている。組織工学ともいう。J―TECの社名には、日本でティッシュエンジニアリングを確立するとの決意が込められている。

(2010-12-12 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティッシュエンジニアリングの関連情報