コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デノボ合成

栄養・生化学辞典の解説

デノボ合成

 生体内で,原料から新たに物質を作ること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のデノボ合成の言及

【コレステロール】より

…超低比重リポタンパク質(VLDL)は肝臓で合成されたリポタンパク質で,内因性のトリグリセリドを末梢組織に運搬した後,コレステロールに富んだ低比重リポタンパク質(LDL)になる。このLDLは末梢組織にコレステロールを運搬・供給し,各組織でのコレステロールのデノボ合成de novo synthesis(代謝過程の中間産物を回収・再利用するような合成のしかたではなく,簡単な前駆物質から新たにある構造体が合成されること)を調節するリポタンパク質としてとくに重要である。高比重リポタンパク質(HDL)は肝臓で合成され,リン脂質とコレステロールに富んでおり,その役割の一つとしてコレステロールを末梢組織から肝臓に運搬する機能が考えられている。…

※「デノボ合成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デノボ合成の関連キーワード新たな

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android