コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュアルコア でゅあるこあ

4件 の用語解説(デュアルコアの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デュアルコア

同一のパッケージ内部に、演算処理回路(コア)を2つ持つCPUの総称。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

デュアルコア

1つのCPUにコア(核)が2つ搭載されているもの。「コア」とはCPU内で実際にデータ処理(計算)を行う心臓部。外部との接続回路などは共用することになるが、システム的にはCPUが2つ搭載されているのと同等になる。現在のコンピューターでは複数のプログラムを並行動作させるのが一般的であるため、コアを増やすことによって、クロック周波数を上げずにシステム全体の動作を高速化できる。物理的にCPUを2つ搭載するスペースや回路が不要、クロック周波数を上げなくて済むので消費電力や発熱量をあまり増やさずに高速化できる、といったメリットがある。1つのCPUに4つのコアを搭載した「クアッドコア」も一部のパソコンに搭載され始めている。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

デュアルコア

ひとつのCPUに、計算を行う心臓部(コア)を2つ内蔵している状態のことです。2次キャッシュなどは共用します。部品としてはひとつのCPUですが、OSなどではCPUが2つあると認識されます。実質的にCPUが2つ搭載されているので、データの処理効率はアップしますが、単純にすべての作業が2倍速になるわけではありません。なお、コアがひとつのものを「シングルコア」、4つのものを「クアッドコア」といいます。ひとつのコアを2つに見せかける「ハイパー・スレッディング」という技術もあります。
⇨2次キャッシュ、CPU、クアッドコア、
コア、ハイパー・スレッディング、
マルチコア

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュアルコアの関連キーワードデュアルプロセッサーマルチプロセッサーマルチコアクアッドコアプロセッサーデュアルコアプロセッサーCore i7クアッドコアCPUデュアルコアCPUマルチコアCPUエコ貯金箱

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュアルコアの関連情報