コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トグロコウイカ とぐろこういか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トグロコウイカ

スピルラ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トグロコウイカ
とぐろこういか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトグロコウイカの言及

【スピルラ】より

…頭足綱トグロコウイカ科のイカで,多室に分かれたらせん形の貝殻をもつところからトグロコウイカの名もある(イラスト)。体長は約4.5cmと小型で,殻は25~35室からなり,それらを連絡する連室細管はオウムガイ類が各気室の中央を貫くのとは異なり,殻のらせんの内側に沿って存在する。…

※「トグロコウイカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android