コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トミス Tomis

デジタル大辞泉の解説

トミス(Tomis)

ルーマニア南東部の町コンスタンツァの、古代ギリシャ時代における名称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トミス

コンスタンツァ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のトミスの言及

【コンスタンツァ】より

…標高31m,年平均気温11.3℃,平均年降水量385mm。ギリシア時代にはトミスTomis,トミTomi,ローマ・ビザンティン時代にはコンスタンティアナConstantiana,オスマン・トルコ時代にはキュステンジェKüstenceと呼ばれていた。伝説では,ギリシア時代の英雄トモスが小アジアから移住し,トミスの基礎を造ったといわれる。…

【ドブロジャ】より

… 古代以来この地方は南ロシアとバルカン半島を結ぶ重要な交通路にあたっていた。最初の文化的発展は,前7世紀以降黒海沿岸にトミスTomis(現,コンスタンツァ)やカラティスKallatisなどの植民都市を築いたギリシア人によってもたらされたが,都市の周辺にはダキア人,ゲート人が住んでいた。前29年までにローマ領となり,初めはモエシア州に編入されたが,ローマ時代はむしろスキュティア・ミノルScythia Minorの名で知られていた。…

※「トミス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トミスの関連キーワードビブリア古書堂の事件手帖マチカネワニ(待兼鰐)旧ユーゴ諸国史(年表)ラテン文学史(年表)ピエール ルースロコンサートマスターユーゴスラビア史三毛猫ホームズヨハネ[パリ]オウィディウストミスラフ広場三姉妹探偵団エネルギー論スギ(杉)クロアチア新トマス説ウェッセルリバウンドマストミス近代主義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トミスの関連情報