コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリプシノーゲン

栄養・生化学辞典の解説

トリプシノーゲン

 消化酵素でプロテアーゼであるトリプシンの前駆体.トリプシンそのものかエンテロペプチダーゼによってN末端の6個のアミノ酸が除去されて,活性化されトリプシンとなる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリプシノーゲン

トリプシン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトリプシノーゲンの言及

【トリプシン】より

消化酵素の一つで,タンパク質分解酵素。膵臓から不活性のトリプシノーゲンtrypsinogenとして十二指腸内に分泌され,エンテロキナーゼにより分子の端が切断されてトリプシンとなり,pH8.0付近で活性をもつ。トリプシン自身もトリプシノーゲンを活性化するほか,他の不活性の酵素前駆物質を活性化する。…

※「トリプシノーゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリプシノーゲンの関連キーワード先天性トリプシノーゲン欠損症先天性トリプシノーゲン欠損膵トリプシノーゲン欠損症膵トリプシノーゲン欠損膵臓のしくみとはたらきエンテロキナーゼキモトリプシン遺伝性膵炎チモーゲンプロ酵素膵臓

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android