コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

N末端 エヌマッタン

デジタル大辞泉の解説

エヌ‐まったん【N末端】

たんぱく質ポリペプチドで、アミノ基-NH2カルボキシル基-COOHと結合せずに残っている側の末端。N終末端アミノ末端アミン末端。→C末端
[補説]たんぱく質やポリペプチドは、多数のアミノ酸ペプチド結合によって直鎖状につながったもので、ペプチド結合は一つのアミノ酸のカルボキシル基と次のアミノ酸のアミノ基が脱水縮合することによって起こる。そのため、ポリペプチド鎖の最初のアミノ酸は他のどの構成アミノ酸のカルボキシル基とも結合しない状態で残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

N末端の関連キーワードγジペプチジルアミノペプチダーゼフェニルイソチオシアネートロイシンアミノペプチダーゼβsecretaseタンパク質の一次構造エンテロペプチダーゼエキソペプチダーゼホルミルメチオニンアミノペプチダーゼヘモグロビンA1cコレシストキニン8フィブリノペプチドフィブリノーゲンペンタガストリン遊離アミノ態窒素ピログルタミン酸アンギオテンシンβメラノトロピントリプシノーゲン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android