トリムライザー(読み)trim riser

パラグライダー用語辞典の解説

トリムライザー

正確にはトリマー機構付きライザーのこと。トリマーはスピードを半固定で可変できる便利なものである。しかし、トリマーを開放するとスピードが上がる反面、潰れやすくなったり、潰れからの回復特性が悪くなる。DHVのテストでもトリマー付きの場合、トリマーの絞り時と開放時の2つのテストで悪い方の表示をしなくてはならない。例えば、DHV1の実力のある機体でもトリマーを付ける事によりDHV1-2になってしまう事が多い。また、トリマーの役割の多くはアクセル機構でも代用できる。この為、最近の機体はタンデム機やモーター専用機を除き、トリマー機構は外されオプション設定となっている。この様なことから、普通、ライザーにはトリマー機構は付いてなく、特にトリマー機構の付いているライザーをトリムライザーとよぶ。トリマー参照

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android