コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメスチクス domesticus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドメスチクス
domesticus

ビザンチン帝国の軍隊用語。 (1) 首都コンスタンチノープルに駐屯し,騎兵を主とする4つの近衛軍の軍司令官。 (2) 10世紀後半以降,ビザンチン帝国の全軍を2つに分けた (西部軍,東部軍) ときのそれぞれの最高司令官。 (3) テマ・オプチマトンの軍管区長。 (4) 歩兵部隊の隊長。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドメスチクスの関連キーワードビザンチン帝国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android