ナトリウムゴム

  • sodium rubber

化学辞典 第2版の解説

金属ナトリウムを開始剤として重合すると得られるポリブタジエンまたはポリイソプレンゴムをいう.もっとも古くから工業化(1937年ドイツ)された合成ゴムで,その加工性は良好であるが性能はいちじるしく劣り,現在では製造されていない.[CAS 104389-31-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android