性能(読み)せいのう

精選版 日本国語大辞典「性能」の解説

せい‐のう【性能】

〘名〙
① 生まれつきそなわった精神的、身体的な能力。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「前句談。後句言其功用
② 機械や物体の性質と能力。また、機械などが仕事をなし得る能力。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「その光色銷鎔の性能を諳(そらん)ぜんが為に、屡々試験を積たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「性能」の解説

せい‐のう【性能】

機械や道具の性質と能力。また、機械などが仕事をなしうる能力。「性能のよい自動車」「性能を高める」
生まれつきの能力。
「―の命令通りに一生を渡って」〈花袋・重右衛門の最後〉
[類語]機能作用働き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android