コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古く フルク

デジタル大辞泉の解説

ふるく【古く】

[名]ずっと以前の時期。昔。「古くから伝わる習わし」
[副]《形容詞「ふるい」の連用形から》ずっと以前に。また、昔から。「古くさかのぼれば」「この地で古く店を出している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるく【古く】

( 動下二 )

ふるく【古く】

( 副 )
〔形容詞「古い」の連用形から〕 ずっと以前に。昔に。昔から。 「 -昔にさかのぼれば」
( 名 )
ずっと前。昔。 「 -からの知り合い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古くの関連キーワード古惚ける使い古す古社寺連用形中古品古切れ平地壁上枕辺神徳朝餉文道等輩夕餉蝦蟇生国群臣弦管小牛主上

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古くの関連情報