古く(読み)フルク

デジタル大辞泉の解説

ふるく【古く】

[名]ずっと以前の時期。昔。「古くから伝わる習わし」
[副]《形容詞「ふるい」の連用形から》ずっと以前に。また、昔から。「古くさかのぼれば」「この地で古く店を出している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるく【古く】

( 動下二 )

ふるく【古く】

( 副 )
〔形容詞「古い」の連用形から〕 ずっと以前に。昔に。昔から。 「 -昔にさかのぼれば」
( 名 )
ずっと前。昔。 「 -からの知り合い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古くの関連情報