ハイジャック防止条約(読み)ハイジャックぼうしじょうやく

大辞林 第三版の解説

ハイジャックぼうしじょうやく【ハイジャック防止条約】

ハイジャックの防止および処罰について定める諸条約の総称。
正称、航空機の不法な奪取の防止に関する条約。航空機の不法奪取を犯罪として扱う義務、その訴追または犯人の引渡しの義務などを定める。1970年採択。71年発効。ハーグ条約。
正称、民間航空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約。航空機の爆破など航空機の安全な運行をおびやかす行為を犯罪として扱う義務、その訴追または犯人の引渡しの義務などを定める。1971年採択。73年発効。モントリオール条約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android