ハイジャック防止条約(読み)ハイジャックぼうしじょうやく

  • ハイジャックぼうしじょうやく〔バウシデウヤク〕

大辞林 第三版の解説

ハイジャックの防止および処罰について定める諸条約の総称。
正称、航空機の不法な奪取の防止に関する条約。航空機の不法奪取を犯罪として扱う義務、その訴追または犯人の引渡しの義務などを定める。1970年採択。71年発効。ハーグ条約。
正称、民間航空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約。航空機の爆破など航空機の安全な運行をおびやかす行為を犯罪として扱う義務、その訴追または犯人の引渡しの義務などを定める。1971年採択。73年発効。モントリオール条約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android