コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイド:演奏会用練習曲 第3番 嬰ハ短調/piano solo Concert Study No. 3 in C# minor

1件 の用語解説(ハイド:演奏会用練習曲 第3番 嬰ハ短調/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ハイド:演奏会用練習曲 第3番 嬰ハ短調/piano solo

オーストラリアの作曲家ミリアム・ハイドが、イギリス留学時代最後の年に書いた作品。半音階的進行の素早いパッセージは、ときにジャズ的なハーモニーに彩られる。(飯田有抄 2008/2)

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイド:演奏会用練習曲 第3番 嬰ハ短調/piano soloの関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語オーストラロイドホークオーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリアの気候と農業ハイド:マチルダのワルツによるファンタジア/piano soloスィッツキー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone