作品(読み)サクヒン

デジタル大辞泉の解説

さく‐ひん【作品】

製作したもの。特に、芸術活動による製作物。「文学作品」「工芸作品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくひん【作品】

製作した品。特に、文芸・音楽・美術工芸などの芸術的製作物。 「文芸-」 「芸術-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の作品の言及

【文学理論】より

…文芸批評と呼ぶことのできるものは,アリストテレスの《詩学》やホラティウスの《詩論》から今日のいわゆる文芸批評にいたるまで,さまざまのかたちで存在する。その文芸批評が目的とするのは,普通には,文学作品かその作者にかかわりのある諸問題について語ることである。しかも西欧の諸国においては,とくに19世紀以降,文芸批評そのものが文学の中のひとつの分野として確立されるにいたった。…

※「作品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作品の関連情報