作品(読み)サクヒン

デジタル大辞泉の解説

さく‐ひん【作品】

製作したもの。特に、芸術活動による製作物。「文学作品」「工芸作品

かたち

山口長男による油絵。
(作品)抽象画。昭和20年(1945)、第1回現代日本美術展に出品し優秀賞を受賞した。
(象)黒地に黄土色の矩形を配置した抽象画。昭和36年(1961)、第6回日本国際美術展に出品。東京国立近代美術館蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくひん【作品】

製作した品。特に、文芸・音楽・美術工芸などの芸術的製作物。 「文芸-」 「芸術-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さく‐ひん【作品】

〘名〙 作ったもの。製作物。特に、絵画や彫刻、詩歌や小説などの芸術上の製作物をさしていう。
※風流魔(1898)〈幸田露伴〉七「かりに今すぐれたる技倆(わざ)ある人の出でて其人の作品と後藤氏の祖先等の作品と比べて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の作品の言及

【文学理論】より

…文芸批評と呼ぶことのできるものは,アリストテレスの《詩学》やホラティウスの《詩論》から今日のいわゆる文芸批評にいたるまで,さまざまのかたちで存在する。その文芸批評が目的とするのは,普通には,文学作品かその作者にかかわりのある諸問題について語ることである。しかも西欧の諸国においては,とくに19世紀以降,文芸批評そのものが文学の中のひとつの分野として確立されるにいたった。…

※「作品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作品の関連情報