ハードフェーシング(読み)はーどふぇーしんぐ

世界大百科事典内のハードフェーシングの言及

【表面硬化】より

…化学的方法としては,浸炭窒化,浸硫などがある。金属材料の表面に超硬合金,ステライト(約30%クロム,20%タングステン,0.1~0.3%炭素,残部コバルトの合金)など,特殊合金を溶着させて表面硬化層をつくる方法もとられ,ハードフェーシングhard facingとも呼ばれる。また,鋼の表面にタングステンカーバイドWCのような超硬炭化物を1000~1100℃の還元性雰囲気中で浸透させる方法(超硬浸透法あるいはアトムロイ処理)もある。…

【溶射】より

…実用用途としては鉄鋼材料の防錆,機械部品の肉盛,耐熱耐摩耗性皮膜の付与などが主である。とくに表面硬化を目的として,下地よりも硬度の高い合金材料を溶射する処理法をハードフェーシングhard‐facingと呼んでいる。防食防錆の用途にはアルミニウム溶射,亜鉛溶射が用いられる。…

※「ハードフェーシング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android