コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶射 ようしゃthermal spraying

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶射
ようしゃ
thermal spraying

可燃性ガスによる燃焼炎あるいはアークなどの電気エネルギーを用いて,材料を溶融させて吹飛ばし,基材表面に付着・積層させて皮膜を形成する技術。溶射の方法には多くの種類がある。ガス溶射には,酸素とアセチレンやプロパンなどの燃焼炎で材料を溶融して皮膜を形成するフレーム溶射と,酸素とアセチレンの混合ガス中に微粉末材料を浮遊させ,瞬間的に爆発燃焼させ基材表面に皮膜を形成する爆発溶射がある。一方,電気エネルギーを利用する方法には,2本の金属線材の先端の間にアークを発生させ,溶融した部分を圧縮空気で吹飛ばし基材表面に付着・積層させ皮膜を形成させるアーク溶射と,アルゴン Arやヘリウム Heなどの不活性ガスをアークによってプラズマ化し,超高温,高速流中に溶射粉末を送給し,溶融させつつ加速して,皮膜を形成するプラズマ溶射がある。特に減圧雰囲気中でのプラズマ溶射は,高融点金属やセラミックスの溶射に用いられ,航空機やガスタービンの耐熱被覆から,最近では酸化物超伝導材料や燃料電池などの機能性薄膜の作製まで,適用範囲の幅が広がっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐しゃ【溶射】

[名](スル)金属・セラミックスなどを溶融し、金属表面に吹きつけて被覆する方法。耐食性・耐摩性を高めるために行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

溶射【ようしゃ】

溶融した金属を,圧縮空気でノズルから噴出させて霧化,製品に吹き付けて表面に金属皮膜を形成,防錆(ぼうせい)・美化などを図る表面処理法。鉄鋼製品に亜鉛を溶射することが多いが,スズアルミニウム,銅なども溶射され,対象製品も非金属に及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゃ【溶射 metallisation】

構造部材や機械部品などの表面に溶融した金属粒子を吹きつけて被覆を行う方法。この方法で形成される皮膜は金属の溶滴の連続から成り,素地との結合もほとんど機械的な結合である。このため加工の素地はショットブラストなどで脱スケールと同時に適度に荒しておく必要がある。原理的にみて溶融できる材料はすべて溶射法で皮膜とすることが可能であるが,薄くて均一な皮膜をつくるためには高度の装置と熟練が必要となる。実用用途としては鉄鋼材料の防錆,機械部品の肉盛,耐熱耐摩耗性皮膜の付与などが主である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようしゃ【溶射】

( 名 ) スル
金属の表面に、溶融した金属やセラミック材料の微粒子などを吹きつけて皮膜を作ること。防錆・表面硬化などの目的で用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

溶射の関連キーワード塗装工事(建設業許可の一種)セラミックコーティングプラズマジェット加工鉄鋼表面硬化法カロライジングスプレーガンプラズマ加工金属表面処理メタリコンライニング表面硬化武井 武めっきトタン微粒子電鋳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶射の関連情報