コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーヴァード分類 Harvard classification

1件 の用語解説(ハーヴァード分類の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ハーヴァード分類【Harvard classification】

星のスペクトル分類として,20世紀初頭にスペクトルを頼りにしてA,B,Cのような分類がなされていたが,やがてこれが星の表面温度によって変わってきていることがわかり,高温のほうから並べると次のようになった.これがハーヴァード分類呼ばれるもので,

O―B―F―G―K―M(―R―N―S)

ところがこのR,N,Sは現在の分類ではあまり出てこなくなった.M型の星の表面温度はおよそ3000Kで,これが恒星としては最も低温だと考えられていたのである.比較的最近になって,表面温度1300 ~ 2000KのL型,1000KほどのT型が発見されて,現在では

O―B―F―G―K―M―L―T

となっている.

以前のシステムには覚え方として

Oh,Be A Fine Girl,Kiss Me Right

Now,Sweetheart.

というのがあった.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーヴァード分類の関連キーワード原子スペクトルスペクトル型発光スペクトル分子スペクトル火花スペクトル蛍光スペクトル星のスペクトル型モーガン‐キーナンの分類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone