コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーヴァード分類 Harvard classification

法則の辞典の解説

ハーヴァード分類【Harvard classification】

星のスペクトル分類として,20世紀初頭にスペクトルを頼りにしてA,B,Cのような分類がなされていたが,やがてこれが星の表面温度によって変わってきていることがわかり,高温のほうから並べると次のようになった.これがハーヴァード分類と呼ばれるもので,

O―B―F―G―K―M(―R―N―S)

ところがこのR,N,Sは現在の分類ではあまり出てこなくなった.M型の星の表面温度はおよそ3000Kで,これが恒星としては最も低温だと考えられていたのである.比較的最近になって,表面温度1300 ~ 2000KのL型,1000KほどのT型が発見されて,現在では

O―B―F―G―K―M―L―T

となっている.

以前のシステムには覚え方として

Oh,Be A Fine Girl,Kiss Me Right

Now,Sweetheart.

というのがあった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ハーヴァード分類の関連キーワードオストフの星色階級星のスペクトル型MK分類

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android