コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウンティ号の叛乱

デジタル大辞泉プラスの解説

バウンティ号の叛乱

英国の作家ブライアン・フリーマントルがジョン・マックスウェル名義で書いた冒険小説(1977)。原題《H.M.S Bounty、〈別〉Hell's Fire》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

バウンティ号の叛乱の関連キーワードブライアン フリーマントルチャールズ ロートン戦艦バウンティアカデミー賞サルバーグ南海征服

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バウンティ号の叛乱の関連情報