コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウンティ号の叛乱

1件 の用語解説(バウンティ号の叛乱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

バウンティ号の叛乱

英国の作家ブライアン・フリーマントルがジョン・マックスウェル名義で書いた冒険小説(1977)。原題《H.M.S Bounty、〈別〉Hell's Fire》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バウンティ号の叛乱の関連キーワード裏切り狙撃虐待者最後に笑った男屍泥棒スパイよ、さらばディーケンの戦い爆魔フリーマントルの恐怖劇場猟鬼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バウンティ号の叛乱の関連情報