コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックカントリー バックカントリー back country

翻訳|back country

3件 の用語解説(バックカントリーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バック‐カントリー(back country)

田舎。農村地帯。また、僻地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バックカントリー

元来は未開地などを意味し、近年はスキー場のゲレンデ外の自然の雪山をスキーやスノーボードで滑る時に使うようになった。圧雪していないのでパウダースノーが楽しめる。スキーが沈まないように通常より幅広の専用板がある。 八甲田山系は50年ほど前から登山者による山スキーの場として親しまれ、1968年にロープウェーが営業を開始してからは滑り降りる人の数も増えた。長い歴史や豊富なルートがあることから、現在も国内有数の山岳スキーエリアに数えられる。北海道ニセコ、長野県の八方尾根なども人気がある。

(2015-02-17 朝日新聞 朝刊 青森全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

バックカントリー

未開地、農村地帯、辺境地方のこと。スポーツレジャー用語としては、人工的に作られたゲレンデではなく整備されていない天然の雪山を指し、そこを滑ることを「バックカントリースキー」「バックカントリースノーボード」などと称する。自然とふれあえる、手つかずの新雪を楽しめる、アドベンチャー感覚を味わえるといった魅力により近年人気が出ており、バックカントリーツアーやバックカントリースキー大会などが行われている。スキー場で禁止されているコース外での安易な滑走もバックカントリーと言われており、2015年1月の日本では、このケースによる雪崩や遭難の事故が相次いだ。

(2015-1-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バックカントリーの関連キーワード僻地教育田舎稼ぎ田舎侍田舎大尽田舎立つ田舎者田舎家遐陬僻地田舎歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バックカントリーの関連情報