田舎(読み)イナカ

  • いなか ゐ‥
  • いなか〔ゐ〕
  • でんしゃ

デジタル大辞泉の解説

都会から離れた地方。「田舎から町に出てくる」
田畑が多く、のどかな所。人家が少なく、静かでへんぴな所。「便利になったとはいっても、まだまだ田舎だ」
生まれ故郷。郷里。父母や祖父母のふるさとについてもいう。「うちの田舎は四国の港町です」
(名詞に付き、接頭語的に用いて)素朴・粗暴・やぼなどの意を表す。「田舎料理」「田舎風(ふう)」「田舎侍」
《古くは「でんじゃ」とも》いなか。また、いなかの家。
「さしもの名物を―の塵になさん事」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

都会から離れた地方。在郷。在ざい
人家・人口が少なく辺鄙へんぴな所。 ここは東京の-だ
本人の生まれ育った故郷・郷里。また、親や祖父母などの出身地。在所。 正月には-へ帰る
(他の語に付いて)粗野で、洗練されていないことを表す語。 -くさい
でんじゃとも
いなか。いなかの家。 さしもの名物を-の塵ちりになさん事、口惜しう候/平家 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
都会から離れた土地、地方。都以外の所。また、人家が少なく、へんぴな所。在郷。鄙(ひな)
※書紀(720)垂仁二年一〇月(北野本訓)「黄牛(あめうじ)田器(たつはもの)を負て田舎(ヰナカ)に将往(ゆ)く」
※伊勢物語(10C前)五八「ゐなかなりければ、田刈らんとて」
② 地方にある生まれ故郷、または、親などの出身地。郷里。「連休にいなかへ帰る」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「田舎の叔母を訪はんとて」
③ (名詞の上に付けて接頭語のように用いる) 田舎でよくありそうなさま、野卑、下品、粗暴などのさまにいう語。
※古事談(1212‐15頃)二「布衣之時、似田舎五位
※御湯殿上日記‐文明一四年(1482)一一月二日「御みやけいなか一か」
※言継卿記‐天文一三年(1544)正月二九日「今朝広橋よりゐ中とて樽一」
※明治世相百話(1936)〈山本笑月〉甘党随喜の名代汁粉「甘党の随喜した汁粉の味、〈略〉御膳、田舎、小倉、塩餡乃至は白餡の上品まで」
[語誌](1)①は、中古以前は、都から離れた土地をいい、たとえば「伊勢物語‐五八」の例は、平安京の外にある長岡をさす。類義語「ひな」は畿外の地をいうが、次第に古語となった。
(2)「ゐなか」は、「みやこ」の対として、蔑視されていたとは限らない。上代のいわゆる両貫貴族の本貫の地、すなわち生産を営む場をさす場合には侮蔑性は少なく、都会的洗練を経ないものとしては、次第に、蔑称の意識が強まり、その意味での数多くの複合語をつくる。
(3)中世では京都郊外よりさらに外の地、また単に地方の意にも使われたらしい。
〘名〙 (古くは「でんじゃ」とも) いなか。また、いなかの家。
※菅家文草(900頃)一一・吉祥院法華会願文「須明年、予帰田舎
※中院本平家(13C前)七「くだし給て候し御琵琶をば、〈略〉いまはでんしゃのちりにまじへ」 〔史記‐蘇秦伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田舎の関連情報