コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田舎 イナカ

デジタル大辞泉の解説

い‐なか〔ゐ‐〕【田舎】

都会から離れた地方。「田舎から町に出てくる」
田畑が多く、のどかな所。人家が少なく、静かでへんぴな所。「便利になったとはいっても、まだまだ田舎だ」
生まれ故郷。郷里。父母や祖父母のふるさとについてもいう。「うちの田舎は四国の港町です」
(名詞に付き、接頭語的に用いて)素朴・粗暴・やぼなどの意を表す。「田舎料理」「田舎風(ふう)」「田舎侍」

でん‐しゃ【田舎】

《古くは「でんじゃ」とも》いなか。また、いなかの家。
「さしもの名物を―の塵になさん事」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなか【田舎】

都会から離れた地方。在郷。在ざい
人家・人口が少なく辺鄙へんぴな所。 「ここは東京の-だ」
本人の生まれ育った故郷・郷里。また、親や祖父母などの出身地。在所。 「正月には-へ帰る」
(他の語に付いて)粗野で、洗練されていないことを表す語。 「 -くさい」

でんしゃ【田舎】

〔「でんじゃ」とも〕
いなか。いなかの家。 「さしもの名物を-の塵ちりになさん事、口惜しう候/平家 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

田舎の関連キーワード田舎源氏(偐紫田舎源氏)カントリーハウスバックカントリーカンパーニュ手織り縞ルーラル田舎源氏田舎武者田舎大尽在所育ち田舎びる田舎立つ斉東野人山歌野唱田舎臭い田舎役者山村水郭小倉汁粉田舎言葉江戸間

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田舎の関連情報