バッチ法

世界大百科事典内のバッチ法の言及

【イオン交換樹脂】より

…またクロマトグラフィーなど分析機器にも用いられている。イオン交換の方法にはバッチ法とカラム法がある。バッチ法は,樹脂と液を容器に入れてかくはんし,イオン交換を行う方法で,微粒子懸濁液の場合には有効であるが,イオン交換平衡が成り立ち,効率がよくないので一般に用いられることは少ない。…

※「バッチ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android