方法(読み)ほうほう(英語表記)method

翻訳|method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方法
ほうほう
method

原義はギリシア語で meta hodon「道に従う」を意味する。哲学では目的である知識を得るため思考がふむべき道筋を体系立てたものをいう。方法の種類としては分析的と総合的,帰納的と演繹的,記述的,発生的,弁証法的,問答法的などがある。しかし方法は個々の対象に従って変化する技法や手続などとは異なり,普遍妥当性の主張を含んでいることが多く,その場合哲学者は上記の一つをおのれの方法とする。方法に含まれる手続には観察,記述,分析,定義,証明,分類,因果関係の説明,あらかじめ措定した仮説や要請の適用と検証などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ほう〔ハウハフ〕【方法】

目標に達するための手段。目的を遂げるためのやり方。てだて。
哲学で、真理に到達するための考えの進め方。
手段用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうほう【方法】

ある目的を達するためのやり方。しかた。手段。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ほう ハウハフ【方法】

〘名〙
① (「ほうぼう」とも) 物事を行なうしかた。目的を達するためのてだて。仕様。
※江都督納言願文集(平安後)三「季冬之残陰、礼三千極聖、修懺悔方法
※高野本平家(13C前)六「ただ願くは我を哀愍して出離生死の方法(ハウボウ)ををしへ」
② 哲学で、与えられた主題の認識を得るために使用される認識手段。思考対象の取扱い方。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方法の関連情報