コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッファーオーバーフロー ばっふぁーおーばーふろー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バッファーオーバーフロー

データをバッファー領域に書き込む際に、はみ出したデータがそのまま破棄されたり、あらかじめ定められた領域を超えて記録されてしまったりすること。ソフトウェアセキュリティ問題としてあげられるバッファーオーバーフロー攻撃には、バッファーオーバーフローを起こさせてソフトウェアを強制終了させたり、定められたバッファーの領域を超えて記録される現象を悪用して、別のソフトウェアを実行させたりするものがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バッファー‐オーバーフロー(buffer overflow)

コンピューターのアプリケーションソフトにおける代表的なセキュリティーホールの一。アプリケーションが確保したメモリー領域を大きく上回るデータが入力された際に生じる不具合。また、この不具合を悪用してコンピューターに不正にアクセスすること。バッファーオーバーラン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone