コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パートタイム労働者 ぱーとたいむろうどうしゃpart‐time worker

知恵蔵の解説

パートタイム労働者

通常の労働時間(フルタイム)を働く労働者と比較して、短い時間(パートタイム)雇用される労働者。パートタイム労働者の数は調査の定義によって異なる。総務省の「労働力調査」で、平均週就業時間が35時間未満の雇用者(非農林業)は、2005年で1266万人(うち女子は882万人)、雇用者に占める短時間雇用者比率は24.0%。この比率は1970年には6.7%であった。女子の比率が高いことが特徴であり、短時間雇用者全体の69.7%に達している。パートタイム労働者の中には、労働時間数は週35時間以上で、フルタイム労働者とほとんど同じ仕事をしている者もいる。正社員との労働条件の格差は大きく、厚生労働省は2003年10月、短時間労働者について、就業実態、通常の労働者との均衡などを考慮して待遇すべきである(均衡待遇)ことなどの一連の措置を、「改正パートタイム労働指針」として施行した。社会保険制度の適用拡大も重要課題である。07年5月には、パートタイム労働法(正式名称:「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」)の改正(「改正パート労働法」)が可決・成立し、08年4月1日から施行されることとなった。 今回の主な改正点は、(1)短時間労働者の通常の労働者との均衡のとれた待遇の確保(2)通常の労働者への転換の推進を図ること(3)雇い入れに際して雇用条件の明文化の3点である。しかし、その実効性については(1)フルタイムで働く場合は対象外であること(2)対象者が限定的で、基準があいまいであること、などの問題点が指摘されている。

(桑原靖夫 獨協大学名誉教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パートタイム労働者の関連キーワード改正パートタイム労働法女子パートタイマー保険二極化進む雇用形態毎月勤労統計調査ブラックパート労働市場の潮流ワーキングプアパート・バンクパートタイマー長期勤続雇用非正規労働者有効求人倍率短時間就労終身雇用制企業別組合労働移動者常用労働者雇用統計NEET介護離職

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パートタイム労働者の関連情報