コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラクサ

海藻海草標本図鑑の解説

ヒラクサ

からだは扁平線状。平面的に互生または対生に分枝を羽状にする。枝は小枝を同様に出す。末端の小枝は三角形の歯状に なり縁辺から出る。枝は中肋状の厚みを持つ。付着器は糸状。細胞層をみると,外皮層に小形細胞が1層並び,その下に糸状細胞が密に集まった層がみられ,そ のさらに下の層に大形の細胞がならび,髄層にはまた糸状細胞が密に集まっており,全体で4層あるのがわかる。手触りは平滑で固く丈夫なセルロイド質。生体 は紅色。押し葉標本は台紙に付かない。ヒラクサマクサオバクサといった他のテングサ目の海藻と同様に寒天の原料として使われる事がある。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラクサ

テングサ(天草)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラクサ
ひらくさ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒラクサの言及

【テングサ(天草)】より

…紅藻類テングサ科Gelidiaceaeの海藻で寒天の原料となる。テングサ類は日本近海で20余種が知られているが,おもなものはマクサGelidium amansii Lamouroux(イラスト)とヒラクサBeckerella subcostata Kylin(=G.subcostatum Okamura)である。一般にテングサというとマクサをさすことが多い。…

※「ヒラクサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒラクサの関連キーワード天草

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android