コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジネスモデル びじねすもでる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ビジネスモデル

事業で収益を上げるための仕組み。事業として何を行ない、ターゲットは誰で、どのようにして利益を上げるのか、という「儲け」を生み出すための具体的なシステムのこと。とりわけ、既存の事業形態とは異なるシステムをもつ、コンピューターインターネットなどの情報ネットワーク技術を活用した新しいビジネス手法のことを指す場合もある。これを特許にしたものが、インターネット商店ネットオークションといった電子商取引などに与えられる「ビジネスモデル特許」である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビジネス‐モデル(business model)

企業が行う事業の仕組みや方法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

Wisdomビジネス用語辞典の解説

ビジネスモデル

企業が行っている事業活動、もしくはこれからの事業構想を表現するモデルのこと。端的に表現すると、「儲けを生み出すビジネスのしくみ」である。ビジネスモデルの3要素とは、「顧客」「価値」「経営資源チャネル、ノウハウなど)」である。つまり・・・1.誰に対して、どんな価値を提供するのか、2.そのために、保有する経営資源をどのように組み合わせて、その経営資源をどのように調達し、3.パートナーや顧客とのコミュニケーションをどのようにして図り、4.いかなる流通経路と価格体系で、顧客に届けるか・・・という、ビジネスのデザインについての設計思想が「ビジネスモデル」なのである。 ビジネスモデルがもっぱらインターネットとの関連で語られるのは、インターネットの登場で、既存のビジネスモデルを革新する可能性が広がったからである。また、構築したモデルがきわめて独創的な場合、これを「ビジネスモデル特許」という知的財産として登録し、保護を受けることができる。我が国において、ビジネスの方法そのものは特許の対象とされていない。しかしインターネットやコンピュータなどを用いたビジネス方法であれば、特許対象となり得るのである。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

ビジネスモデルの関連キーワードリレーションシップバンキング Relationship Bankingクリック・アンド・モルタルB to B/B to Cソリューション・サービスジェフリー ジョレスリサーチプロポーザルデコンストラクションエリアマーケティングAmazon.com1コア・コンピタンスビジネスモデル学会グッドデザイン賞ピュアプレーヤーマーク ゾラディセンターフィーファブレス経営オンサイト電源逆オークションユニコーン企業

ビジネスモデルの関連情報