事業(読み)じぎょう

精選版 日本国語大辞典「事業」の解説

じ‐ぎょう ‥ゲフ【事業】

〘名〙
① しごと。わざ。じごう。
※東寺文書礼‐承平二年(932)正月二一日・源昇家領近江国土田荘田地注文「事業伴 是吉」
※やしなひぐさ(1784‐89)前編「家業を励み無理非道なくして金銀の集るは天下定りの事業(ジゲフ)なり」 〔易経‐坤卦〕
② 一定の目的で同種の行為を継続的にまたは繰り返して行なう経済活動。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「千百の事業、並に発生して共に其成長を競ひ」

こと‐わざ【事業】

〘名〙 ある目的をもってすること。しわざ。しごと。
※蓬左文庫本続日本紀‐天平勝宝九年(757)七月二日・宣命「人の見咎むべき事和射なせそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事業」の解説

じ‐ぎょう〔‐ゲフ〕【事業】

生産・営利などの一定の目的を持って継続的に、組織・会社・商店などを経営する仕事。「事業に手を出す」
大きく社会に貢献するような仕事。「宇宙開発事業」「慈善事業
[類語]産業経済流通金融財政理財エコノミー実業虚業社会事業ビジネス

こと‐わざ【事業】

すること。しわざ。また、仕事。
「はかなき―をも、しなし給ひしはや」〈朝顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「事業」の解説

【事業】じぎよう(げふ)

しわざ。事功。〔易、辞伝上〕形よりして上なる、之れをと謂ひ、形よりして下なる、之れをと謂ひ、して之れを裁する、之れを變と謂ひ、推して之れを行ふ、之れをと謂ひ、擧げて之れを天下の(お)く、之れを事業と謂ふ。

字通「事」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android