ビードロよま

大辞林 第三版の解説

ビードロよま

〔「よま」は長崎地方でひも・糸の意〕
ガラスの粉を飯粒でねり、糸に塗ったもの。長崎地方でたこ揚げ競争の時、相手の糸を切るために用いる。ガラスよま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android