硝子よま(読み)ガラスよま

精選版 日本国語大辞典の解説

ガラス‐よま【硝子よま】

〘名〙 (「よま」は長崎で、、ひもをいう) ガラスの粉末と糊を合わせて塗った糸。長崎地方で、たこあげ競争の際、相手の糸に絡ませて切るために用いる。ビードロよま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android