コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュロニズム ぴゅろにずむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュロニズム

懐疑学派」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のピュロニズムの言及

【懐疑論】より

…古代の懐疑派は通常三つの時期に区別される。初期にはピュロン(その名に由来するピュロニズムは懐疑論の別名となった)とその弟子ティモンTimōnがおり,彼らは何事についても確実な判断を下すのは不可能であるから,心の平静(アタラクシア)を得るためには判断の留保(エポケー)を実践すべきことを説いた。中期はプラトンゆかりの学園アカデメイアの学頭であったアルケシラオスArkesilaosとカルネアデスKarneadēsに代表される。…

【ピュロン】より

…〈懐疑派の祖〉と呼ばれるギリシア哲学者。エリスの人。画家として出発し,やがてデモクリトス学派の哲学者アナクサルコスAnaxarchosに学び,師に従ってアレクサンドロス大王のインド遠征に参加する。そこで彼はヨーガ行者たちに出会って,これまでの生き方,考え方を一変させる衝撃を受けたといわれる。いっさいは無常であり,万物について,何ひとつ積極的に〈何か〉であると確言することはできない。移ろいゆく現象を永遠の実在と錯覚することから魂の苦悩が始まる。…

※「ピュロニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピュロニズムの関連キーワードピロン(古代ギリシア哲学者)ギリシア哲学史(年表)懐疑派