コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーヘルコップ半島 フォーヘルコップハントウ

デジタル大辞泉の解説

フォーヘルコップ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【フォーヘルコップ半島】

Vogelkop》インドネシア東端にあるドベライ半島旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフォーヘルコップ半島の言及

【ドベライ半島】より

…インドネシア領。オランダ領時代にはその形状からフォーヘルコップ(鳥の頭)半島と呼ばれたが,第2次大戦後チェンドラワシ半島,さらにドベライ半島と改称された。アルプス・ヒマラヤ造山帯の東端にあたり,第三紀石灰岩山地を主とし,ベラウ地峡により本島胴体部と分かたれる。…

※「フォーヘルコップ半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォーヘルコップ半島の関連キーワードフォーゲルコップ半島チェンドラワシ半島