コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルオロカーボン フルオロカーボンfluorocarbon

翻訳|fluorocarbon

3件 の用語解説(フルオロカーボンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルオロカーボン
フルオロカーボン
fluorocarbon

炭化水素水素原子フッ素原子で置換した化合物の総称。結合力が強いため,熱,電気的特性,耐薬品性が優れ,多くの分野で使用されている。気体状モノマーフロンと呼ばれ,炭素数,水素の置換種(フッ素,塩素,臭素)およびその数により多くの種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

フルオロカーボン【fluorocarbon】

炭化水素の水素原子をすべてフッ素原子で置換した化合物の総称。熱や化学反応に対してきわめて安定。テトラフルオロメタン CF4 テトラフルオロエチレン C2F4 ヘキサフルオロベンゼン C6F6 などがあり、プラスチックや潤滑油、代用血液などに利用される。フッ化炭素。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルオロカーボンの関連情報