ブラフマナスパティ(英語表記)Brahmaṇaspati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラフマナスパティ
Brahmaṇaspati

インド神話の神。別名ブリハスパティ Bṛhaspati。元来はベーダの聖語すなわちブラフマンを司る神として立てられたものであるが,のちに世界の創造神とみなされ,『リグ・ベーダ』では鍛冶工のように宇宙をあおぎ鍛えたと説かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のブラフマナスパティの言及

【インド神話】より

…《リグ・ベーダ》にはまた若干の創造神話が見られる。祈禱主神ブラフマナスパティ(ブリハスパティ)とかビシュバカルマン(毘首羯磨)を万物の創造者とする説や,創造神が黄金の胎児(ヒラニヤ・ガルバHiraṇya‐garbha)として太初の原水の中にはらまれて出現したとする説がある。また,神々が万有そのものである原人プルシャPuruṣaを犠牲獣として祭祀を実行し,もろもろの世界を形成したという,諸民族の間に見られる巨人解体神話と共通な説もある。…

※「ブラフマナスパティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android