コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーゲー異常 ブーゲーいじょう

世界大百科事典内のブーゲー異常の言及

【アイソスタシー】より

…今日,地震波の伝わり方や人工地震の実験から得られる知見によれば,エアリーのモデルが実際の姿に近い。 アイソスタシーが成立すると,山地においてブーゲー異常(重力異常)は負の値をとる。ブーゲー異常⊿gと山の高さHとの間には,およそ⊿g=abHの関係がある。…

【重力】より

…この過大(小)量を重力異常という。重力異常のうちブーゲー異常といわれるものは地下構造に関係をもち,地下に過剰質量があればそこでは異常が正,不足なら負という特性をもつ。本州太平洋岸沖には帯状の負の異常があり,これは太平洋プレートの沈みこみに関連した質量不足である。…

【重力探査】より

…(4)ブーゲー補正 観測点と基準面の間にある物質による引力に対する補正で,物質の密度に関係する補正であり,観測地域での岩石密度を実測するなどにより決定される。これらの補正を施した値をブーゲー異常と呼び,平面図上で同じ異常の点を結んで描かれたものがブーゲー異常図(重力異常図または単に重力図)と呼ばれる。重力異常図を用いて地下構造を推定する場合には,一般に堆積岩は埋没深度とともに密度が大きくなること,堆積岩と比較して火成岩の密度が大きいことなどに着目して,堆積層の厚薄,背斜構造・火成岩貫入の有無などを推定する。…

【島弧】より

…どちらも100km以上の深さまで沈み込んだ海洋リソスフェアの一部が溶けてマグマを生じたもので,前者ではそのマグマが分化し,元から存在する岩石と反応してさらにケイ長質になったと考えられる。 島弧の重力ブーゲー異常は一般に正で,特に火山前線よりも海側で最大になることが多い。東北日本では200mGalをこえる。…

※「ブーゲー異常」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android