コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリアンブル ぷりあんぶる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プリアンブル

Ethernetフレームの冒頭に付加されている64ビットのフィールド。10BASE-TのEthernet規格で利用され、信号開始の遅延でデータが消失することを防ぐ役割を持つ。10BASE-T以外(100BASE-TXなど)では利用されないフィールドだが、10BASE-Tとの互換性のために残されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プリアンブル(preamble)

コンピューターネットワークにおいてデータリンクをする際、データ本体の前に送られるビット列(1、0で構成されるデータ列)。データ本体の開始部分を定義し、通信の同期をとる役割をもつ。 →ポストアンブル

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

プリアンブルの関連キーワードEthernetフレーム時分割多元接続

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android