コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリリュー[島] ペリリュー

世界大百科事典 第2版の解説

ペリリュー[島]【Peleliu Island】

西太平洋,ミクロネシアのパラオ共和国南部に位置する隆起サンゴ礁の島。人口898(1974)。南のアンガウル島とともに,かつてはリン鉱石の産地であった。第2次大戦末期,この島は宇都宮第14師団の兵1万1000名によって守備されていたが,アメリカ軍の上陸によって日米両軍の死闘が展開され,1944年11月24日日本軍は玉砕した。島には五つの村があったが,この戦闘ですべて破壊され,現在,人びとは北部の海岸の一地区で生活している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android