ペンタケラトプス

デジタル大辞泉プラス「ペンタケラトプス」の解説

ペンタケラトプス

白亜紀後期に生息した鳥盤類周飾頭類の草食恐竜全長約8メートル。顔のにある角状突起が発達しており、えり飾りはこのの恐竜の中でも特に大きい。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android