ペンタケラトプス

デジタル大辞泉プラス「ペンタケラトプス」の解説

ペンタケラトプス

白亜紀後期に生息した鳥盤類周飾頭類の草食恐竜全長約8メートル。顔のにある角状突起が発達しており、えり飾りはこのの恐竜の中でも特に大きい。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android