ホペイロ(読み)ほぺいろ

知恵蔵miniの解説

ホペイロ

プロサッカー選手の用具や身の回りのものを管理・ケア・準備する人、仕事のこと。ポルトガル語で「用具係」の意味。世界のトップリーグには古くから浸透しているが、日本では1990年代に入ってから読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)にブラジル人ホペイロが採用され、松浦紀典が日本人初のプロ・ホペイロとなった。2014年現在、東京ヴェルディを始め、川崎フロンターレFC東京、名古屋グランパスなど、ホペイロを採用するクラブが増えている。

(2014-4-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ホペイロ(〈ポルトガル〉roupeiro)

プロサッカーチームで、選手の使用するスパイクシューズ・ユニホーム・ボールなど用具の整備をする係。用具係。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホペイロの関連情報