整備(読み)せいび

精選版 日本国語大辞典「整備」の解説

せい‐び【整備】

〘名〙 整えそなえること。すぐ役立つように、準備、装備、機能などを整えること。準備が整っていること。
※家伝(760頃)下「以公行甚整備、含章可一レ貞、叙従二位、陟為右大臣
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「其事情の憐むべきと其進退の整備したるに因りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「整備」の解説

せい‐び【整備】

[名](スル)すぐ役立つように準備したり整えたりすること。「車両の整備」「書類を整備する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android